野草・野鳥・風景写真集


by shunfb

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

My Page

野草と野鳥の写真館

私のホームページです。
こちらもよろしく。

最新の記事

ブログ再開しました
at 2018-05-21 11:33
再び乗鞍岳へ その3
at 2017-09-05 08:58
再び乗鞍岳へ その2
at 2017-09-03 20:55
再び乗鞍岳へ その1
at 2017-09-03 08:08
木祖村の野草 その3
at 2017-09-02 07:00

カテゴリ

全体
  愛知県
野 草
  岐阜県
  三重県
  静岡県
  長野県
  山梨県
  滋賀県
  大阪府
  京都府
  奈良県
  兵庫県
  福井県
  石川県
  新潟県
  写真展
HP表紙画像
野 鳥
風 景
読 書
ときどき日記
未分類

タグ

(90)
(81)
(81)
(79)
(78)
(75)
(73)
(58)
(49)
(41)
(30)
(11)
(7)
(4)
(1)

以前の記事

2018年 05月
2017年 09月
2017年 08月
more...

画像一覧

記事ランキング

検索

その他のジャンル

<   2011年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

奥伊吹の野草

初めて自然観察会なるものに参加させていただいた。場所は奥伊吹と伊吹野。案内にはツルシロカネソウやカタクリ見られると書いてあり、期待して出かけた。五色の滝では、残念ながら、積雪がかなり残っていることと散策路の一部が崩落していて危険であることなどから、最上部の滝までしか行くことができなかった。また、第二の目的地の伊吹野へ着いた頃から雨が本格的に降り出して、写真撮影が思うようにいかなかったのが心残り。

集合場所へ行く前に、伊吹野を訪れる時には必ず立ち寄るところへ様子を見に行った。もうイカリソウが咲いているだろうと思ったがようやく蕾をつけたところで、花はまだ1週間ぐらい先になりそうな状態。しかし、ミヤマカタバミ、スミレサイシンが例年になく多く咲いており、これは予想外の収穫。

スミレサイシン
f0000789_20181688.jpg

f0000789_20182779.jpg


ミヤマカタバミ
f0000789_20185046.jpg


ヤブレガサ
f0000789_20204558.jpg


ここからは五色の滝。リーダーからクロモジ、シロモジ、ダンコウバイの見分け方などを教えていただいた。実物を見ながらの説明なので非常に分かりやすく、大いに勉強になった。ここではピンクのミヤマカタバミを初めて見ることができた。

ミヤマカタバミ
f0000789_20242864.jpg


ヒトリシズカ
f0000789_20261429.jpg


トキワイカリソウ
f0000789_202576.jpg


伊吹野では雨のため暗くてピントが合わず、撮影には苦労した。今まで知らなかったところへも案内していただき、自然観察会に参加したかいがあった。

トウゴクサバノオ
f0000789_20301711.jpg


ニリンソウ
f0000789_20313072.jpg


ヒメウズ
f0000789_20321060.jpg

[PR]
by shun_photo | 2011-04-25 20:32 |   滋賀県

東濃の野草

「コシノコバイモが咲いていた」との情報につられて、その自生地を初めて訪れた。ネットの地図で場所を探していたら、目的地の近くにある鉄道の駅名が遠足やハイキングで何度も来たことがあるところだと気が付き、当時の懐かしい記憶が思いだされた。それはともかくとして、肝心の花はすでに終りがけなのか、開花中の花を見つけることができなかった。カタクリもかなり傷みが激しく、とても群生写真など撮れそうもなかった。

(シハイスミレは当初、マキノスミレとしておりましたが、ご指摘をいただき、改めて調べ直したところ、やはりシハイスミレだったようです。どうもありがとうございます。スミレは難しい。笑)

シハイスミレ
f0000789_20531320.jpg


ニシキゴロモ
f0000789_20534674.jpg


カタクリ
f0000789_20554356.jpg


シロバナナガバノスミレサイシン
f0000789_20571692.jpg


掲載するのは止めようと思ったけど、やはりこの日のお目当てだった花を載せないわけにもいかず、証拠写真を1枚だけ。(なんとか撮れたのはこの1枚だけだった。)

コシノコバイモ
f0000789_212080.jpg

[PR]
by shun_photo | 2011-04-21 20:57 |   岐阜県

奥美濃の野草

昨年よりほぼ10日遅れの奥美濃。もうセツブンソウの時期は過ぎていることは承知の上で訪れた。キクザキイチゲにはどうやら間に合ったようだ。それと、ひょっとしたら本場のミノコバイモにも出会えるかもしれないと、かすかな期待を抱いていた。ところが1、2輪見つけたらアチラにもコチラにもという感じで嬉しい誤算。カタクリも去年より数が多く、点々と咲いていた。

それはともかくとして、写真的には今年も失敗。家に帰ってから画像を確認すると、どれも紗幕を被せたように紫色がかった靄のようなものがかかり、おまけに露出オーバー気味。どうもこの場所で野撮影はうまくいかない。画像処理でなんとか見れるまで修復してみたが、やはり出来映えはイマイチ。今年こそはと思っていただけにガッカリした。

キクザキイチゲ
f0000789_21475450.jpg
f0000789_21481113.jpg


カタクリ
f0000789_21484162.jpg
f0000789_21485599.jpg


ミノコバイモ
f0000789_21494861.jpg
f0000789_2150137.jpg


アマナ
f0000789_21502981.jpg
f0000789_21504755.jpg

[PR]
by shun_photo | 2011-04-18 21:52 |   岐阜県

再びサンインシロカネソウ

先日撮ったサンインシロカネソウの写真がどうも納得がいかず、リベンジに出かけた。前回は天気が良すぎて極端にコントラストがつき、背景が黒潰れしてしまったが、今回は薄曇りとあって絶好のコンディション。それと、レンズも超広角を用意し、長靴を履いて万全の装備。あとは腕だけということなのだが・・・

サンインシロカネソウ
f0000789_1243260.jpg
f0000789_1244524.jpg
f0000789_1245567.jpg
f0000789_125679.jpg


ミヤマカタバミが満開状態で見ごたえがあった。さてどれを撮ろうかと考えると、帯に短し襷に長しでなかなかイメージ通りの場所には咲いてくれない。

ミヤマカタバミ
f0000789_1282721.jpg

f0000789_128372.jpg
f0000789_1285036.jpg
f0000789_129465.jpg


スミレの同定は誠に難しく、完全にお手上げ。昨日もそれなりに撮ってみたのだがやはり名前がよくわからない。そんなわけで個々に名前をつけるのは憚られるので、自分なりに調べた結果により候補名を掲載順に書いてみると、ニオイタチツボスミレ、オオタチツボスミレ、サンインスミレサイシン、スミレサイシンということになるのだが、さてどんなもんでしょう。ご存じの方がおられましたらお教えください。

(アッキーマッキーさんからスミレの名前を教えていただきました。どうもありがとうございます。これでスミレたちも胸を張っていられそうです。)

ニオイタチツボスミレ
f0000789_1230535.jpg

オオタチツボスミレ
f0000789_12302430.jpg

サンインスミレサイシン
f0000789_12304580.jpg

スミレサイシン
f0000789_12305933.jpg

[PR]
by shun_photo | 2011-04-16 12:25 |   滋賀県

奥三河の野草 その1

このところの野草散策は、名古屋から西の方面ばかりだったが、久しぶりに奥三河を訪れた。例年ならば3月下旬から咲き始めるキバハナネコノメ、トウゴクサバノオが今年はほぼ2週間近く遅れていて、最近になってようやく開花したとの情報が見られるようになった。そろそろ見ごろを迎えているのではないかと出かけてみたところ、まだ早かったようで、花数は少なかった。

キバナハナネコノメ
f0000789_1432982.jpg
f0000789_1432235.jpg


トウノウネコノメ
f0000789_14333298.jpg

f0000789_14334810.jpg


ニッコウネコノメソウ
f0000789_14342781.jpg
f0000789_14344199.jpg


昨年、この地方の野草愛好者の間で話題になったワダソウ。これも開花情報を得て行ってみたところ、去年撮影した場所には花が見られず、15分ぐらい探し回ってようやく見つけた。土手の急な斜面の中腹あたりに咲いており、足場が悪くて写真を撮るのには苦労した。

ワダソウ
f0000789_14415251.jpg
f0000789_1442160.jpg

[PR]
by shun_photo | 2011-04-13 14:42 |   愛知県

サンインシロカネソウ

このところ近畿地方への野草散策が続いている。今回は滋賀県のサンインシロカネソウ。この花は数年前から自生地を探していて、今年になってようやくその所在を知ることができた。ネットで例年の開花状況を調べてみると、どうやら4月上旬には花を咲かせるようで、晴天に恵まれた昨日、勇んで出掛けた。本当は渓谷に咲く姿を撮りたかったのだが、レンズと絞り値の選択を誤ってしまい、イメージした写真が撮れなかったのが心残り。

f0000789_12365397.jpg
f0000789_12371264.jpg
f0000789_12371928.jpg
f0000789_12372774.jpg


帰路、トウゴクサバノオに会いに立ち寄ったところ、いつもの場所にはまだ花がなく、その付近に数株花が咲いているのを見つけて撮影。ここではミチノクエンゴサクやニリンソウがボチボチ咲き始めていた。

トウゴクサバノオ
f0000789_12441768.jpg

f0000789_12444253.jpg


ミチノクエンゴサク
f0000789_12461723.jpg


ニリンソウ
f0000789_12471458.jpg

[PR]
by shun_photo | 2011-04-11 12:48 |   滋賀県

霊仙山の野草

この時期は次々にいろいろな野草が開花するので優先順位をつけるのが難しい。霊仙山のミスミソウも早く見たいと思いつつも、ついつい後回しになってしまった。登山道の入口にはスズシロソウやネコノメソウ、山登りに入るポイントの小屋付近では良い雰囲気のミマカタバミを見つけ、登山道開始早々から撮影モード全開。ミスミソウは例年に比べて花数が少なかった。訪問のタイミングが遅れたようで、花の最盛期を過ぎていたようだ。帰路に奥伊吹の様子を見に行ったところ、まだ深い雪の中だった。

ニッコウネコノメソウ?
f0000789_1045632.jpg
f0000789_105795.jpg


スズシロソウ
f0000789_1054122.jpg


ミヤマカタバミ
f0000789_10204535.jpg


ミスミソウ
f0000789_10211678.jpg

f0000789_1021262.jpg


ワサビ
f0000789_10222185.jpg


アズマイチゲ
f0000789_10224266.jpg

[PR]
by shun_photo | 2011-04-08 10:23 |   滋賀県

伊吹山の春

伊吹野のセツブンソウ、スハマソウが終りを告げる頃、伊吹山ではようやく春を迎える。この時期恒例の体力練成をかねての伊吹山登山。と言っても3合目まで。登山口から1合目までは登山道を歩き、そこから林道に入って2合目からまた登山道に戻って3合目に至るのが最近の登山コース。毎年のことながら、晩秋から春先まではほとんど山登りをしないので、春になって最初の登山は足が思うように動かない。

この日は朝から快晴。でも気温が低いので汗をかくことはなかった。さて、お目当てのアマナ、ヒロハノアマナはというと、どうやら1週間ほどタイミングが早過ぎたとみえて、咲いていた花はチラホラ。2合目から3合目へ向かう途中、下山してきた夫婦連れが下ってきたので上の様子を聞いたら、「セツブンソウは1、2日前ぐらいに咲き始めた模様。キバナノアマナはまだ咲いていなかった」とのことだった。スハマソウはちょうど満開を迎えていた。しかし陽射しが強すぎて写真の出来はイマイチ。

レンプクソウ
f0000789_13404229.jpg


ヒトリシズカ
f0000789_13411044.jpg


???スミレ
f0000789_13431623.jpg


ヒロハノアマナ
f0000789_13451190.jpg


アマナ
f0000789_13454276.jpg


スハマソウ
f0000789_13461560.jpg

[PR]
by shun_photo | 2011-04-06 13:53 |   滋賀県

鈴鹿山麓の野草

時節柄、世の中自粛ムードが広がっている。しかし、つい最近の石原東京都知事と蓮舫大臣の「自粛」論議に見られるように、過度な自粛が経済に与えるマイナス影響も心配され、生産や消費がなされなければ復興財源ともなる税収が減ってしまうことが懸念される。その兼ね合いが難しいところ。一方で物心両面での被災地に対する直接的支援、他方では間接的ながらも日常生活を通して復興財源の下支え、という考え方があってもいいのではないか。こんなことを考えつつの野草散策。

今回は1年ぶりの鈴鹿山麓。この日の寒さのせいかそれともまだ時季が早かったのか、シロバナネコノメソウは満開にはもう1週間ぐらいかかりそうな雰囲気だった。次は場所を変えてミヤマカタバミの群生地へ寄ってみたところ、寒気と曇り空の影響でほとんどの花が閉じていた。この時期に咲く花はとかく気難しい。

タチツボスミレ
f0000789_16593867.jpg


シロバナネコノメソウ
f0000789_171855.jpg


ミヤマカタバミ
f0000789_17302073.jpg


コハコベ
f0000789_1722749.jpg


イワナシ
f0000789_17391142.jpg


ヒメウズ
f0000789_17405898.jpg

[PR]
by shun_photo | 2011-04-04 17:10 |   三重県