野草・野鳥・風景写真集


by shunfb

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

My Page

野草と野鳥の写真館

私のホームページです。
こちらもよろしく。

最新の記事

ブログ再開しました
at 2018-05-21 11:33
再び乗鞍岳へ その3
at 2017-09-05 08:58
再び乗鞍岳へ その2
at 2017-09-03 20:55
再び乗鞍岳へ その1
at 2017-09-03 08:08
木祖村の野草 その3
at 2017-09-02 07:00

カテゴリ

全体
  愛知県
野 草
  岐阜県
  三重県
  静岡県
  長野県
  山梨県
  滋賀県
  大阪府
  京都府
  奈良県
  兵庫県
  福井県
  石川県
  新潟県
  写真展
HP表紙画像
野 鳥
風 景
読 書
ときどき日記
未分類

タグ

(90)
(81)
(81)
(79)
(78)
(75)
(73)
(58)
(49)
(41)
(30)
(11)
(7)
(4)
(1)

以前の記事

2018年 05月
2017年 09月
2017年 08月
more...

画像一覧

記事ランキング

検索

その他のジャンル

暇はあれども・・・

三年前に仕事をリタイアして以来、「サンデー毎日=毎日が日曜日」 の日々が始まった。そのときは、今まで考えていても時間がなくて出来なかったことが思う存分出来るようになると、胸躍る気分であった。元々、以前から趣味は最低4つは持ちたいと考えていた。つまり、インドア・アウトドア、単独・複数の組み合わせである。自分一人で出来る趣味として、インドアでは読書・パソコンいじりなどがあり、アウトドアでは野山歩きなどがある。複数の人で行うことには、インドアでは囲碁・麻雀、アウトドアではゴルフ(私は未経験)やテニスなどといったところか。

なぜそのようなことを考えたかというと、身体的健康を維持するためにはスポーツなどによって身体を鍛えることが有効であるし、精神的健康を維持するためには、物事に対する好奇心を失わないことや社会との関わり(外部との人間関係)を絶やさないことが大切だと思ったからである。それと、インドア・アウトドアには、天気が晴れても雨が降っても「何か」は出来るようにしたいという意味がある。つまり「晴耕雨読」の生活を可能とするためだ。もっとも、「晴耕」の方は我が家には田も畑もないので野山歩きということになるのだが。

さて、いよいよ時間を自由に使えるようになった現在はどうか。どうも人間には適度のストレスが必要なようで、時間が有り余ると「いつでもできるから」と安易に考えて、結局は簡単に出来ることでも一日伸ばしにしたり、「どうしてもやらなくてはならないことでもないから」などと自分勝手な理由をつけて、意欲そのものが次第に薄れてきているような気がする。

仕事をしていたときは平日でも寸暇を惜しんで趣味に没頭ししたものだった。これは、「仕事」による時間的制約があるから自由時間が貴重であり、その価値が高かったのだろう。時間が売るほどある現在では時間の価値が相対的に低下していることは間違いのない事実である。ここらで初心に返る必要がありそうだ。

趣味が義務になってはいけないが、漫然と続けているより何がしかの目標を持つことは必要だと思う。今のところ、自分一人でも出来る読書とパソコン、野草散策(撮影)だけは続いているので、これからは複数人でしか出来ないことを手掛けたい。一番手っ取り早いのは囲碁。碁会所へ行けば必然的に見ず知らずの人と対戦することとなり、そこに会話も生まれる。顔馴染みともなれば「そこらでチョイト一杯」という機会も出てこようというものである。それもまた楽しからずや。

カラスノエンドウ
f0000789_22461416.jpg

by shun_photo | 2011-02-27 22:22 | ときどき日記