野草・野鳥・風景写真集


by shunfb

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

My Page

野草と野鳥の写真館

私のホームページです。
こちらもよろしく。

最新の記事

ブログ再開しました
at 2018-05-21 11:33
再び乗鞍岳へ その3
at 2017-09-05 08:58
再び乗鞍岳へ その2
at 2017-09-03 20:55
再び乗鞍岳へ その1
at 2017-09-03 08:08
木祖村の野草 その3
at 2017-09-02 07:00

カテゴリ

全体
  愛知県
野 草
  岐阜県
  三重県
  静岡県
  長野県
  山梨県
  滋賀県
  大阪府
  京都府
  奈良県
  兵庫県
  福井県
  石川県
  新潟県
  写真展
HP表紙画像
野 鳥
風 景
読 書
ときどき日記
未分類

タグ

(90)
(81)
(81)
(79)
(78)
(75)
(73)
(58)
(49)
(41)
(30)
(11)
(7)
(4)
(1)

以前の記事

2018年 05月
2017年 09月
2017年 08月
more...

画像一覧

記事ランキング

検索

その他のジャンル

ExcelVBAの薦め

Excelというソフトの名前を聞いたとき、どんなことを想像されるだろうか。多くの方は「表計算ソフト」か、と業務用としての用途が真っ先に思い浮かぶことと思われる。確かに表計算ソフトとしては非常に優れている。しかし、それ以外にもかなり広範囲な用途に役立てることができるのである。Excelの一般機能・関数に加えてExcelVBAを活用すると、およそ論理的に解析可能な事ならば、その処理をほぼ自動化することができ、趣味などでも大いに利用できる。

一例を挙げれば、私が作成している野草図鑑では、利便性を高めるために、「科・五十音別一覧」、「種五十音一覧」、「花色季節別検索」と3つのメニューを用意している。特に、「花色季節別検索では、ページを花色・季節別に作成し、その中での画像の並べ順を科・属・種の五十音順にしている。これを手作業で分類するとなると膨大な時間がかかるが、Excelのソート(並び換え機能)活用することにより、瞬時に分類ができる。

また、画像を表示するためには、ハイパーリンクをかけなければならないが、そのURLも計算式によって作成しているので、Web用シートにそれをコピペするだけでサムネイル画像と拡大画像を表示させることができるようになっている。Excelには使い方によっては思いもかけないような用途にも利用できる。(こう書くと、まるでExcel教の信者みたい。笑)

VBAとは、マイクロソフト社製のMicrosoft Officeシリーズに搭載されているプログラミング言語で、Visual Basic for Applications の略であり、定型的な作業を自動化するための言語である。VBA で記述したプログラムは Excel などのファイルの一部として格納される。

Excelのマクロは、Excelで行った操作を自動的に記録し、何度でも繰り返して実行することができる機能であるが、特定の条件判断が必要な処理を行う場合に、マクロでこれを作成しようとすると処理条件ごとにマクロを作成する必要があることや、同じ処理を何回も繰り返すときにも同様に必要回数分Excelの処理を繰り返さなければならない。VBAを使用すれば簡単にこれらの処理を行うことができる。

例えば、条件1のときは処理Aを、条件2のときは処理Bを行いたい場合には、
  IF 条件 = 1 THEN 処理A ELSEIF 条件 = 2 THEN 処理2
   (処理A、処理Bにはそれぞれの処理内容を記述する)
また、同じ処理を何回も繰り返す場合は、
  FOR I = 1 TO 繰り返し回数(数値)
    処理内容
  NEXT I
たったこれだけのプログラムを記述するだけで煩わしい作業から解放されるのである。

VBAが便利といってもプログラム言語であるかぎりプログラミングに関する知識が必要である。VBAの言語にはおびただしい数のキーワード(単語)があり、これらのすべてを記憶することは事実上不可能であり、また無意味とも言える。(あれだけ膨大なキーワードなど覚えておられない)。VBAのキーワードの意味や構文を覚える最も簡便な方法は、マクロの自動記録機能を利用してExcelでの操作を記録し、その意味を調べることが最も近道である。

ただし、変数の宣言や繰り返し処理、条件判断、プログラム制御に関するキーワード、演算子の意味と機能、イベント、ユーザーフォームの作成方法などはヘルプや参考図書で覚えておく必要がある。VBAの確実な習得方法は、参考図書の例題をただ単にトレースするだけでなく、実用的なプログラムをできるだけ数多く作成することに尽きると言っても過言ではない。

何事もいったん覚えたことであっても、それを活用する機会がないまま月日が経つと記憶が薄れてしまうものである。私の場合、これまで勉強して覚えたことをパーツ集としてExcelファイルに記録しておき、必要に応じてそれを組み合わせてプログラミングを行っている。この場合でも、簡単なことはマクロの自動記録を活用し、それだけではできないことをパーツ集で調べるようにしている。こうすれば多くのことを記憶しておく必要はなく、目的さえ明確であればほとんどのプログラミングが可能である。

ExcelVBAのパーツ集は、私の別のホームページ「Excel De Enjoy」で公開し、ダウンロードも可能であるので興味のある方はご覧いただきたい。
  http://excelshun.web.fc2.com/My_Page/dload/DownLoad_page.htm
by shun_photo | 2011-02-26 10:50 | ときどき日記