人気ブログランキング |


野草・野鳥・風景写真集


by shunfb

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

My Page

野草と野鳥の写真館

私のホームページです。
こちらもよろしく。

最新の記事

ブログ再開しました
at 2018-05-21 11:33
再び乗鞍岳へ その3
at 2017-09-05 08:58
再び乗鞍岳へ その2
at 2017-09-03 20:55
再び乗鞍岳へ その1
at 2017-09-03 08:08
木祖村の野草 その3
at 2017-09-02 07:00

カテゴリ

全体
  愛知県
野 草
  岐阜県
  三重県
  静岡県
  長野県
  山梨県
  滋賀県
  大阪府
  京都府
  奈良県
  兵庫県
  福井県
  石川県
  新潟県
  写真展
HP表紙画像
野 鳥
風 景
読 書
ときどき日記
未分類

タグ

(90)
(81)
(81)
(79)
(78)
(75)
(73)
(58)
(49)
(41)
(30)
(11)
(7)
(4)
(1)

以前の記事

2018年 05月
2017年 09月
2017年 08月
more...

画像一覧

記事ランキング

検索

その他のジャンル

2011 最新伊吹野事情 PARTⅠ

快晴に恵まれた今日、伊吹の春を待ちかねて、伊吹野周辺を訪ねてきた。前日、ネットで奥伊吹スキー場の積雪深を確認したら2m60cm。これでは伊吹野も雪に埋もれているかもしれないとは思いつつ、一方ではこのところの好天気続きで雪もかなり溶けているのでは?との期待もあってのこと。伊吹の野草をこよなく愛する方にとっては、伊吹野の現在の様子はどうなっているかが最も知りたいところかと思う。そこで、まず最初に伊吹山の今を。

三島池から望む伊吹山
f0000789_1856112.jpg

f0000789_18562262.jpg

三島池の葦原で遊ぶエナガ
f0000789_19412577.jpg


今日のコースは野草散策でお世話になっているところを一巡りしてこようと、関ヶ原インターから国道365号線を北西に向かい、藤川交差点を右折していつもの散策コースである県道531号線に入った。上平寺付近でちょっと寄り道して山裾の雪の状態をみると30~40cmの積雪。

伊吹山登山口のある上野を経て伊吹から県道40号線に入り、姉川沿いに北上すると小泉の集落に至る。そこからすく近くの大久保辺りまではかなりの積雪があり、セツブンソウの咲く場所近辺では50-60cmの積雪。これでは溶けるまでにはまだまだ時間がかかりそう。途中でシュンランのポイントへ行ってみたら、シュンランは早くも花芽が出ていて、1~2週間もすれば綺麗な花が見られそうな雰囲気。

シュンランの花芽
f0000789_19153349.jpg

小泉付近
f0000789_19104370.jpg

大久保付近
f0000789_19111463.jpg


大久保のセツブンソウ自生地を歩いていたら、土地の方から声をかけらた。「今年は雨が降らないのでいつもの年より雪解けが遅い」ということだった。「家にセツブンソウが咲いているから観に来ませんか」とお誘いいただいたのでお伺いすることにした。後について行くと、「こちらへどうぞ」と案内されたところが「松音寺」。どうやらここのご住職のようだ。

珈琲をいただきながらのお話によれば、大久保では昨年から「セツブンソウふれあい祭り」が開催され、今年は第2回目ということで、このお寺の方も世話人のようなことをしておられるとのこと。「せっかく遠路はるばるセツブンソウを観に来られても、土地の人となんのふれあいもなく帰ってしまわれるのは惜しい」ということで、このようなイベントを始められたということだった。

この祭りでは「私の撮った一枚」という写真を募集している。話をしているうちに私も応募することになった。先着50名受付で、締め切りは3月5日ということなので急いで届けなければならない。

第2回セツブンソウふれあい祭り
f0000789_19224650.jpg


姉川を遡上して下板並まで来ると積雪はさらに深くなってきた。どうせのことだから奥伊吹スキー場のある甲津原まで行ってみようと車を走らせた。両側の山々は雪に覆われ、全く真冬の感じで「春はいずこ」。曲谷集落から甲津原までの道の両側には除雪された雪がうず高くつまれていた。

曲谷集落付近
f0000789_1938143.jpg

甲津原付近
f0000789_19384552.jpg

f0000789_19385784.jpg


奥伊吹スキー場まで行くと、入口ゲートの小屋の中に門番の人がいた。どうやらここから先へ行くには駐車料金を先に支払わなければいけないようで、そこでUターン。帰り道は周辺の風景などを撮りながら来た道を引き返した。最後の訪問地は山東野。ここででは季節ともなればいろいろな植物を見ることができる。しかし、この日は現在工事中とかで、入口がチェーンで閉ざされていた。傍に立てかけてあった看板には工事が終わるのは3月25日と書かれている。土・日曜日も工事をしているのだろうか?。

伊吹野周辺を一回りした感想は、セツブンソウが見られる時季は、やはり「セツブンソウふれあい祭り」が開催される頃なのかもしれない。それにしても春の歩みは遅い。
by shun_photo | 2011-02-22 19:46 |   滋賀県