野草・野鳥・風景写真集


by shunfb

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

My Page

野草と野鳥の写真館

私のホームページです。
こちらもよろしく。

最新の記事

カタクリ
at 2017-03-28 11:52
ミノコバイモ
at 2017-03-27 21:32
再び伊吹野へ
at 2017-03-21 10:42
ユキワリイチゲ
at 2017-03-20 23:32
名残花
at 2017-03-17 12:57

カテゴリ

全体
野 草
  愛知県
  岐阜県
  三重県
  静岡県
  長野県
  山梨県
  滋賀県
  大阪府
  京都府
  奈良県
  兵庫県
  福井県
  石川県
  新潟県
  写真展
HP表紙画像
野 鳥
風 景
読 書
ときどき日記

タグ

(83)
(81)
(75)
(73)
(68)
(66)
(65)
(58)
(49)
(41)
(30)
(11)
(7)
(4)
(1)

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
more...

画像一覧

記事ランキング

検索

タグ:8月に咲く花 ( 83 ) タグの人気記事

志賀高原の花 その2

志賀高原でスイレンを見かけたのは2カ所。そのうちの1カ所は木立に囲まれた小さな池でなんとなく幽玄な雰囲気を漂わせている。訪れたときは時折霧が立ち込め、さらに静寂さが加わって一幅の絵画を見ているようだった。しかし、それを写真に表現するのは難しい。もう少し異なった撮り方があっただろうに・・・

スイレン
f0000789_7461023.jpg
f0000789_7461826.jpg
f0000789_7462622.jpg
f0000789_746351.jpg


ウメバチソウ
f0000789_7465915.jpg

[PR]
by shun_photo | 2015-09-06 07:00 |   長野県

志賀高原の花 その1

志賀高原へは今回で3度目の訪問。ここではウメバチソウ、ハナイカリ、エゾリンドウの群生が見られ、その数も半端ではないので被写体には事欠かない。しかし、群生写真の苦手な私にとっては難しい撮影場所。しかも今回は何の変哲もない曇り空とあって構図段階から頭を悩ませた。

ウメバチソウ
f0000789_19324824.jpg

f0000789_19325663.jpg
f0000789_1933611.jpg
f0000789_19331419.jpg


ハナイカリ
f0000789_19334355.jpg


エゾリンドウ
f0000789_1934732.jpg


モジズリ(ネジバナ)
f0000789_5584238.jpg

[PR]
by shun_photo | 2015-09-05 07:00 |   長野県

池の平から志賀高原へ

昨年も同じコースで池の平から志賀高原へ行こうと思ったところ、草津白根山の噴火の影響で凄く遠回りをさせられた。今年は時間が早かったので通行規制にかかることもなくスイスイ。おかげで草津白根山を背景にヤナギランの群生を撮ることができた。最初の4枚は池の平、次の4枚が志賀高原へ向かう途中で撮ったもの。

タムラソウ
f0000789_1942277.jpg


ウメバチソウ
f0000789_19424915.jpg


エゾリンドウ
f0000789_19431168.jpg
f0000789_19431934.jpg


ヤナギラン
f0000789_194345100.jpg
f0000789_19435559.jpg


ハナイカリ
f0000789_19441899.jpg


ヤマハハコ
f0000789_19444458.jpg

[PR]
by shun_photo | 2015-09-04 07:00 |   長野県

池の平湿原の花 その3

マツムシソウもアチコチに咲いていたが木道から遠く、なかなか思うようには撮影できなかったのが残念なところ。霧の状態が良かっただけになおさら惜しまれる。できれば早朝に朝霧が湿原の地表を漂っているようなシーンを撮りたいのだがそれには宿泊しないと無理。

マツムシソウ
f0000789_20305080.jpg
f0000789_2031070.jpg
f0000789_2031969.jpg
f0000789_20311953.jpg
f0000789_20312788.jpg

[PR]
by shun_photo | 2015-09-03 07:00 |   長野県

池の平湿原の花 その2

この日の山は終日霧に包まれていた。霧の流れは早く、薄くなったり濃くなったりめまぐるしく変化する。ヤナギランは昨年より花数が多かったように感じた。背景の山にかかる霧の状態を見ながらの撮影で、頭に想い描たように霧がかかると急いで何枚も撮影し、その後しばらくは様子見の繰り返し。同じ場所での撮影だけに似たような画像が多いはご容赦を。

ヤナギラン
f0000789_18194663.jpg
f0000789_18195526.jpg
f0000789_1820355.jpg
f0000789_18201226.jpg
f0000789_18202232.jpg

[PR]
by shun_photo | 2015-09-02 07:00 |   長野県

池の平湿原の花 その1

このところ前線の影響で曇りや雨の日が多い。信州も同様で、天気予報によると今週末を待たなければ晴れの日が望めない。しかし、野草の方はそんな花追い人の思惑にかかわりなく季節とともに咲き進む。昨日は終日曇りの予報だったので思い切って野草散策に出かけた。目的地は池の平湿原と志賀高原。日帰りとあって午前3時前に自宅を出発という強行スケジュール。まずは池の平湿原へ向かう途中の花から。

シャジクソウ
f0000789_11351647.jpg

f0000789_1134172.jpg


アキノキリンソウ
f0000789_11361522.jpg


ハナイカリ
f0000789_11363393.jpg

[PR]
by shun_photo | 2015-09-01 11:35 |   長野県

入笠山の花 その3

前夜に夜更かしをした挙句の早朝出発とあってなんとなく疲れ気味。霧が晴れたのを機会に入笠山と別れ、帰路は別の路を走った。ほんの少し環境が異なるだけで植生が変化し、湿原には見られない花と出会うことができた。カリガネソウはここでは初見。凄い大株でびっくりした。

カリガネソウ
f0000789_8563395.jpg
f0000789_8564124.jpg


オナマボクチ
f0000789_857152.jpg


ナンバンハコベ
f0000789_8572436.jpg


イケマ
f0000789_8574351.jpg


ナツズイセン
f0000789_858289.jpg


オタカラコウ
f0000789_8583349.jpg

[PR]
by shun_photo | 2015-08-26 08:58 |   長野県

入笠山の花 その2

陽が昇るにつれて霧が薄くなった。それでも時々思い出したように山の端から霧が降りてきて湿原を包む。そんな天気を反映して今回も似たような画像が多い。後になって考えたことは、欲張っていろいろ撮らずにもう少しターゲットを絞って同じ場所で霧の変化の状況を見ながら撮影すればよかったということ。

アケボノソウ
f0000789_10375183.jpg
f0000789_1038114.jpg
f0000789_1038991.jpg


イヌゴマ
f0000789_10391943.jpg


エゾリンドウ
f0000789_10395151.jpg


ハナイカリ
f0000789_10401865.jpg


ウメバチソウ
f0000789_10403616.jpg


ヤマギラン
f0000789_10405345.jpg


マツムシソウ
f0000789_10411563.jpg

[PR]
by shun_photo | 2015-08-25 10:41 |   長野県

入笠山の花 その1

入笠山はひと夏に一度は訪れてみたいところ。毎年、霧の出現を期待して出かけるのだが、その想いが強いほど相反した結果となっていた。今回は何も考えず、平常心で撮影に臨んだところ、なんと山は霧をプレゼントしてくれた。やはり虚心坦懐の心がけが大切ということか。

サワギキョウ
f0000789_9371052.jpg


エゾリンドウ
f0000789_9374278.jpg


アケボノソウ
f0000789_9381322.jpg
f0000789_9382371.jpg


クサレダマ
f0000789_9385817.jpg
f0000789_939998.jpg

[PR]
by shun_photo | 2015-08-24 09:39 |   長野県

湿原の花 その2

湿原にはミミカキグサの仲間が満開。ここでは4種類のミミカキグサを見た。ホザキノミミカキグサ、シロバナホザキノミミカキグサ、ムラサキミミカキグサ、ミミカキグサがそれ。これだけの種類が同時に見られる場所は少ないのではないだろうか。ムラサキミミカキグサは、花が地味な上に小さいので見つけるのには苦労する。

ホザキノミミカキグサ
f0000789_89147.jpg


シロバナホザキノミミカキグサ
f0000789_893625.jpg


ムラサキミミカキグサ
f0000789_810162.jpg


ミミカキグサ
f0000789_8102228.jpg

[PR]
by shun_photo | 2015-08-21 07:00 |   滋賀県