野草・野鳥・風景写真集


by shunfb

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

My Page

野草と野鳥の写真館

私のホームページです。
こちらもよろしく。

最新の記事

奥三河の野草 その2
at 2017-05-09 08:44
奥三河の野草 その1
at 2017-05-08 21:52
ミヤマカタバミ など
at 2017-05-01 07:00
スミレ
at 2017-04-30 07:07
イカリソウ
at 2017-04-29 18:59

カテゴリ

全体
野 草
  愛知県
  岐阜県
  三重県
  静岡県
  長野県
  山梨県
  滋賀県
  大阪府
  京都府
  奈良県
  兵庫県
  福井県
  石川県
  新潟県
  写真展
HP表紙画像
野 鳥
風 景
読 書
ときどき日記

タグ

(83)
(81)
(78)
(75)
(73)
(67)
(66)
(58)
(49)
(41)
(30)
(11)
(7)
(4)
(1)

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

画像一覧

記事ランキング

検索

タグ:5月に咲く花 ( 67 ) タグの人気記事

奥三河の野草 その2

出発時間が遅かったのでミヤマエンレイソウを撮り終わったときはすでに昼を過ぎていた。林の中で昼食をとっていたら時折風が頬を撫でて通る。風薫る五月というが、まさに心地好い良い時を過ごした。

ヤマエンゴサク
f0000789_08424138.jpg
タチツボスミレ?
f0000789_08424698.jpg
f0000789_08432998.jpg
ユリワサビ
f0000789_08424362.jpg

[PR]
by shun_photo | 2017-05-09 08:44 |   愛知県

奥三河の野草 その1

この撮影地は愛知県と長野県の県境。タイトルは奥三河としたが、南信州としてもあながち間違いではない。訪問のタイミングが少し早かったようで花数は少ない。それでも粘ってなんとか数種類の野草を撮った。

ヒメイチゲ
f0000789_21505575.jpg
f0000789_21505389.jpg
ミヤマエンレイソウ(シロバナエンレイソウ)
f0000789_21514203.jpg
f0000789_21514395.jpg

[PR]
by shun_photo | 2017-05-08 21:52 |   愛知県

ミズバショウ

乗鞍高原・一の瀬園地にはミズバショウの群生地がある。もう時期的には遅いかもしれないと思ったが、意外や意外、数ある花の中には咲く場所によってまだ美しさを留めている花もあった。どうやらこれが今年のミズバショウの見納め。

ミズバショウ
f0000789_1244981.jpg

f0000789_12441943.jpg
f0000789_12443083.jpg
f0000789_12444062.jpg

[PR]
by shun_photo | 2016-05-09 11:23 |   長野県

北信州・春の花旅2016 その3

今年の信州の花旅は、花の状態が思わしくなかったことや、二日目の天気が予報と大きく異なり、空模様が雨・曇りとなったため、予定を大幅に変更せざるをえなくなった。こんなことはここ数年でもなかったことだけにまことに心残りな撮影旅行だった。

リュウキンカ
f0000789_20232447.jpg


チシオスミレ
f0000789_20235127.jpg


バイカモ
f0000789_20241351.jpg


たった1輪だけのフクジュソウ
f0000789_20245311.jpg


タンポポ
f0000789_20251887.jpg


ウスバサイシン
f0000789_20262963.jpg

[PR]
by shun_photo | 2016-05-04 20:26 |   長野県

寄り道の野草

先日のベニバナヤマシャクヤクの撮影では花数が少なかったせいか、予定した時間よりかなり早く撮影が終ってしまった。どこかへ立ち寄るにしても時間は午後2時を回っていたので帰路の途中で行けるところといえばやはり伊吹山麓ぐらいなもの。ちょっと見たい花もあったので立ち寄ってみた。なお、最初の画像はベニバナヤマシャクヤク自生地に咲いていたもの。

マルミノヤマゴボウ
f0000789_22315260.jpg


ウメガサソウ
f0000789_2229480.jpg
f0000789_22291471.jpg


キリンソウ
f0000789_22294163.jpg

[PR]
by shun_photo | 2015-06-03 22:29 |   滋賀県

シロバナベニバナヤマシャクヤク

なんとも長たらしい名前の花なれど、ベニバナヤマシャクヤクの白花なのだからこれも致し方ない。訪問したときはもう花期を終えようとしていた。年にたった二日、しかも公開日は例年6月の第一土・日曜日と決まっているのだからそれもやむを得ない。それでも今年は1週間早くしてくれたのだから文句は言えない。見頃の時季に見ることができたらどんなに綺麗なんだろう。

シロバナベニバナヤマシャクヤク
f0000789_22182834.jpg
f0000789_22183768.jpg
f0000789_22184473.jpg
f0000789_22185167.jpg
f0000789_22185820.jpg
f0000789_2219829.jpg
f0000789_22191794.jpg
f0000789_22192462.jpg
f0000789_22193135.jpg

[PR]
by shun_photo | 2015-06-01 07:00 |   京都府

ベニバナヤマシャクヤク

二年ぶりにベニバナヤマシャクヤクを見に出かけた。このところ暑い日が続いているので、もしかしたら花の時季を過ぎてしまっているかもしれないと内心は危惧をいだいていた。現地ではやはりベニバナヤマシャクヤクはほとんど終わっており、シロバナベニバナヤマシャクヤクも多くは花弁を落としていて見るも無残な姿をさらけ出していた。必死の想いでなんとか形を保っている花を探しては撮影。

f0000789_11245932.jpg
f0000789_11251046.jpg
f0000789_11251956.jpg
f0000789_11252711.jpg
f0000789_11253777.jpg
f0000789_11254758.jpg

f0000789_11262144.jpg

ほんのりと紅がさしている花
f0000789_11255531.jpg
f0000789_1126448.jpg

[PR]
by shun_photo | 2015-05-31 11:26 |   京都府

海辺の野草

夏の花にはまだ少し早いこの時期。まず空振りがない場所と言えば真っ先に思いつくのは海辺。行けば必ず数種類の花が見られるのでありがたい存在である。初夏ともなればハマヒルガオが海浜をピンクに染める。伊良湖ではいつも同じような構図になってしまうので場所を変えて遠州の海辺を訪れた。

マンテマ
f0000789_1354341.jpg
f0000789_13544330.jpg


トキワツユクサ
f0000789_13551441.jpg

f0000789_13552250.jpg


ハマヒルガオ
f0000789_11264263.jpg

f0000789_13555132.jpg


ナルトサワギク
f0000789_13561676.jpg
f0000789_13562437.jpg


ハマニガナ
f0000789_13564648.jpg


ノイバラ
f0000789_21304382.jpg

[PR]
by shun_photo | 2015-05-28 13:57 |   静岡県

ヒメシャガ

今ではもうすっかり年中行事となっているヒメシャガ撮影。毎年、「今年こそは!」と思いつつもなかなか満足のいく写真が撮れない。今年はいつになく花数が多かった。しかし、それとは裏腹に花の状態はわずかに盛りを過ぎているように思われた。まさに「あちら立てればこちらが経たず」といったところ。帰路、中山道の妻籠宿から馬篭宿ヘの道を車で走らせたところ、旧中山道を歩く人のほとんどは外人さんばかり。茶店の人に聞くと5,6年前からこんな状態らしい。

ヒメシャガ
f0000789_9234718.jpg

f0000789_9235768.jpg
f0000789_924637.jpg
f0000789_9241742.jpg
f0000789_924264.jpg

f0000789_20542149.jpg
f0000789_205434100.jpg

[PR]
by shun_photo | 2015-05-25 09:24 |   長野県

伊吹野から奥伊吹へ その2

伊吹野、奥伊吹ともに花の端境期に当たっているのか、咲いている花の種類は少ない。もっとも車を走らせながらの花散策だったので、目についた花だけを撮ったことがその原因であったのかもしれない。新たな自生地でも見つかればと思ったがなかなかそうはうまくいかない。「タイトゴメ」は外見的に思い当たるのはこの名しかないと考えての命名であるがひょっとしたら別種かもしれない。

ヒメフウロ
f0000789_693890.jpg
f0000789_695149.jpg


ナワシロイチゴ
f0000789_611377.jpg
f0000789_6111572.jpg


クサノオウ
f0000789_6114859.jpg


タイトゴメ?
f0000789_6122334.jpg

[PR]
by shun_photo | 2015-05-22 06:15 |   滋賀県