「ほっ」と。キャンペーン


野草・野鳥・風景写真集


by shunfb

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

My Page

野草と野鳥の写真館

私のホームページです。
こちらもよろしく。

最新の記事

第3回「野草風景」写真展
at 2017-02-19 15:50
コセリバオウレン
at 2017-02-08 12:34
シモバシラの氷柱
at 2017-01-26 15:09
初撮り
at 2017-01-04 23:09
あけましておめでとうございます
at 2017-01-01 00:00

カテゴリ

全体
野 草
  愛知県
  岐阜県
  三重県
  静岡県
  長野県
  山梨県
  滋賀県
  大阪府
  京都府
  奈良県
  兵庫県
  福井県
  石川県
  新潟県
  写真展
HP表紙画像
野 鳥
風 景
読 書
ときどき日記

タグ

(83)
(75)
(74)
(73)
(68)
(66)
(65)
(58)
(49)
(41)
(30)
(11)
(7)
(4)
(1)

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
more...

画像一覧

記事ランキング

検索

タグ:3月に咲く花 ( 74 ) タグの人気記事

北陸の花旅2016 角田山 その2

カタクリばかりで恐縮ですが、今回で最後なのでご容赦を。前回に角田山を訪れたときは時間切れのため途中で引き返してしまったので今回は宿を早めに出発。おかげで頂上に立つことができた。「これでもか」というほどのカタクリが見られて大満足の花旅だった。

カタクリ
f0000789_18473170.jpg
f0000789_18474454.jpg
f0000789_18475623.jpg
f0000789_1848810.jpg
f0000789_18482226.jpg
f0000789_18483665.jpg
f0000789_18484953.jpg


白花のカタクリ
f0000789_1849360.jpg

[PR]
by shun_photo | 2016-04-06 07:00 |   新潟県

北陸の花旅2016 角田山 その1

角田山の登山道周辺は文字通り全山カタクリで覆われていた。花の最盛期には少し遅れたようだがこれだけ花数があると被写体には事欠かない。登山道には縦横に木の根っこが走り、その間にもカタクリが咲く。惜しむらくはミスミソウの数が少なかったこと。

カタクリ
f0000789_835878.jpg
f0000789_84859.jpg
f0000789_841752.jpg
f0000789_842557.jpg


キクザキイチゲ
f0000789_85049.jpg


ナニワズ
f0000789_851736.jpg


イカリソウ
f0000789_853715.jpg


カタクリの白花
f0000789_86113.jpg

[PR]
by shun_photo | 2016-04-05 07:00 |   新潟県

北陸の花旅2016 弥彦山 その2

弥彦山では猿ヶ馬場から雨乞山を経て能見平まで登り、妻戸尾根を下って出発点に戻る計画を立てていたが、弥彦山スカイラインが通行止めになっていたため止むを得ず昨年と同じコースを辿った。それでも登山道脇に延々とミスミソウが咲き連なり見応えは十分。

カタクリ
f0000789_9554247.jpg
f0000789_9555259.jpg


キクザキイチゲ
f0000789_956209.jpg
f0000789_9562873.jpg


コシノコバイモ
f0000789_9571552.jpg


ミスミソウ
f0000789_957372.jpg
f0000789_9574466.jpg
f0000789_957519.jpg

[PR]
by shun_photo | 2016-04-04 07:00 |   新潟県

北陸の花旅2016 弥彦山 その1

今回は弥彦山。ここではミスミソウが中心。もちろんカタクリも咲いていたが次の角田山に掲載予定の花がほとんどカタクリばかりなのでミスミソウをメインにした。能登のミスミソウは花の模様のバリエーションが豊かなのに対して弥彦山では青、ピンク、白と色は多彩ながら模様はシンプルなものが多い。

ミスミソウ
f0000789_21101154.jpg
f0000789_21102088.jpg
f0000789_21102760.jpg
f0000789_21103557.jpg
f0000789_21104333.jpg
f0000789_21105143.jpg
f0000789_2110583.jpg
f0000789_2111528.jpg

[PR]
by shun_photo | 2016-04-03 07:00 |   新潟県

北陸の花旅2016 国上山他 その2

国上山は前回訪れたときにおよその山の状況を把握していたので、今回は途中のカタクリが多く咲くところまで登っただけ。ここではミスミソウも咲くが数が少ないため、明日の楽しみにとっておいた。キクザキイチゲは登山道脇にほぼ途切れることなく咲いており、花姿の良さそうなものを選んで撮影。

キクザキイチゲ
f0000789_1222591.jpg
f0000789_12221488.jpg
f0000789_12222175.jpg
f0000789_12222938.jpg
f0000789_12223844.jpg


ミスミソウ
f0000789_1223023.jpg
f0000789_12231173.jpg

[PR]
by shun_photo | 2016-04-02 12:23 |   新潟県

北陸の花旅2016 国上山他 その1

2年ぶりに北陸の花の山、国上山・弥彦山・角田山を訪れた。どの山もカタクリが満開。まさにカタクリ三昧の撮影行だった。今回はそれとは別にネットで探した他の場所にも行ってみたがこちらは2週間ほど訪問時期が早かったらしく、期待したほどの花は見られなかった。

カタクリ
f0000789_10375538.jpg
f0000789_1038454.jpg
f0000789_10381231.jpg
f0000789_10382057.jpg
f0000789_1038283.jpg
f0000789_10383681.jpg

[PR]
by shun_photo | 2016-04-01 10:39 |   新潟県

コシノコバイモ

こ時期、カタクリからコシノコバイモへのルートは既定のコースになっている。コシノコバイモは作品にはなりにくい花だが何故か魅かれるものがある。「コシ」とは本来、福井から新潟地方にかけてのかつての令制国の地域名称であり、ここに多く自生することから付け似れた名称。でもなぜか岐阜のこんなところにも自生している。

コシノコバイモ
f0000789_17211550.jpg
f0000789_17212266.jpg
f0000789_17213095.jpg
f0000789_1721386.jpg
f0000789_17214642.jpg

[PR]
by shun_photo | 2016-03-25 17:22 |   岐阜県

カタクリ

いろいろなブログでカタクリが目に付くようになった。ならば自分も、というわけで毎度おなじみの近郊へ出かけた。この場所はいつも大勢の人でごったがえすので早めに自宅を出発してまずは場所取り。現地へ着いて30分ほどしたら花が開き始めた。今年は最盛期にはほんのわずか遅れたようだったが、花数は文句なし。

カタクリ
f0000789_22122220.jpg
f0000789_22123056.jpg
f0000789_2212384.jpg
f0000789_221245100.jpg
f0000789_2212537.jpg
f0000789_2213020.jpg
f0000789_2213847.jpg
f0000789_22131665.jpg
f0000789_22132589.jpg
f0000789_22133662.jpg

[PR]
by shun_photo | 2016-03-24 22:14 |   岐阜県

トウゴクサバノオ とか・・・

ユキワリイチゲの撮影を2時間ばかりで切り上げ、さてどこへ行こうかといろいろ迷った挙句、ひょっとしたらシロバナネコノメソウが咲いているかもしれないと、鈴鹿山麓に向かった。残念ながら花にはまだ早かったらしく蕾すら見えなかった。代わりにトウゴクサバノオがいつになく花数が多く、まあこれでヨシとするか。

トウゴクサバノオ
f0000789_8571742.jpg
f0000789_857245.jpg
f0000789_8573312.jpg


タチツボスミレ
f0000789_857513.jpg
f0000789_8575811.jpg


ヤマルリソウ
f0000789_8581828.jpg


スズシロソウ
f0000789_8583967.jpg


ホトケノザ
f0000789_8595839.jpg

[PR]
by shun_photo | 2016-03-20 07:00 |   三重県

ユキワリイチゲ その2

ユキワリイチゲは花が開き過ぎるとなんとなく味気ない感じがするので、いつも開花直前に現地へ着き、花が開くのを待って撮影に入る。これまでの経験だと午前10時半前後の7,8分咲きにぐらいが見頃かなと思う。また、背景が暗くならないように、かといってまた明る過ぎないようなアングルを選ぶようにしている。

ユキワリイチゲ
f0000789_15401399.jpg
f0000789_15402077.jpg

f0000789_125526.jpg

f0000789_15404856.jpg

f0000789_1253365.jpg

f0000789_15413186.jpg
f0000789_154212.jpg
f0000789_15422413.jpg

[PR]
by shun_photo | 2016-03-19 07:00 |   滋賀県